IPSコスメティックスの化粧品

ミルク洗顔コスメティックス

大好きなコスメティックスについて

洗顔コスメティックスの中でもお肌に優しいということで評判になっているのがミルク洗顔です。
ミルク状になっているウォッシャブルなのですが、まず少量でもたくさんの泡が作れるのが特徴です。
泡の濃密なクッションで顔を洗いたいと思っている人にとっていいものです。

そしてオイルタイプとは違い、お肌に必要な皮脂などは取り除かないという特性もあります。
ですので冬場にこのコスメティックスを使って顔を洗ってもそのあと突っ張ったり
乾燥してピリピリしたりすることもないのです。
ですので乾燥肌の方にもおすすめです。スキンケアに使いたい製品

そして粒子が小さいですので毛穴の中に入り込んで洗い流してくれるのです。
うるおいを残しながらもさっぱりとした洗い心地のあるコスメなのです。

かなり洗浄力の強いコスメティックスを使って来た人にとっては物足りなさが
あるかもしれませんが、ミルク洗顔のほうがお肌にはいいのです。

ある程度の年齢になればこのようなコスメティックスを使うようにしてください。

明治から始まった近代化粧|戦前の日本の化粧のコツ

日本でも化粧は古くから行われており白粉や紅、お歯黒などの文化がありました。
しかし、明治維新以降は、欧米風の生活が取り入れられるようになったり、
上流階級に対してお歯黒や引眉の禁止令が発せられ大きな変化が訪れることになりました。

そうした中で普及していった近代化粧、つまり洋化粧ですが、どんなものであったのかというと
昭和9年に発行された主婦の友には、化粧の基本となる洗顔についての記事が掲載されています。

そこには顔を強く洗いすぎないこと、石鹸をよく泡立てて脂肪の鼻の周辺を洗ってから
顔全体を洗うことなど今でも通用するコツが登場しているのです。

そして、その当時から肌タイプ別に異なる洗顔歩法が紹介されており、
石鹸は脂肪性の肌の人、糠や洗粉、洗顔クリームは無脂肪性の肌の人が使うことが推奨されています。

そのようなコツが広まると同時に、洗顔クリームや化粧品でも肌タイプ別に
適した商品が登場しており、戦前の日本化粧はとても高いレベルであったことがわかります。

進化し続ける化粧品


洗顔用のコスメティックスと合わせて美容液も揃えたい方にお勧めなのが
IPSコスメティックスのコンディショニングバーとエッセンスです。

奇跡を生むIPSコスメティックスのコンディショニングバーは、クリームのような泡で
しっかりとメイクや汚れを落として、肌が受けたダメージを保護してくれます。

また、洗顔後にIPSコスメティックスの美容液で保湿を行うことで
さらにクリアなお肌へと繋がります。

IPSコスメティックスの製品はどんなお肌の方にも使って頂ける
安全性も保証されていますので、気になった方はIPSコスメティックスの
販売員に問い合わせてみてください。